日章観光タクシー株式会社 安全管理規程

第一章 総則

( 目的 )
第一条 この規程( 以下『本規程』という。)は、道路運送法( 以下『法』という。)第22条の2の規程に基づき、輸送の安全を確保するために遵守すべき事項を定め、もって輸送の安全性の向上を図ることを目的とする。
( 適応範囲 )
第二条 本規程は当社の一般旅客自動車運送事業にかかる業務活動に適用する。

第二章 輸送の安全を確保するための事業の運営の方針等

( 輸送の安全に関する基本的な方針 )
第三条
1. 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たす。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を充分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させる。
2. 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善( Plan Do Check Act )を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務の遂行をすることにより、絶えず輸送の安全性の向上に努める。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。
( 輸送の安全に関する重点施策 )
第四条
1. 前条の輸送の安全に関する方針に基づき、次に掲げる事項を実施する。
o 一. 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守する。
o 二. 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めること。

運輸安全マネジメントの取組み

当社は運輸安全マネジメントについて、下記の社是・社訓に則し全社員一丸となって取り組んで参ります。

輸送の安全に関する基本方針

(1) 経営トップは、輸送の安全の確保が事業経営の第一であることを深く認識し、全社員に輸送の安全の確保が重要であることの意識を徹底いたします。

(2) 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善を確実に実施し、安全対策を見直すことにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
(3)万が一、事故・災害が発生した場合には、お客様の救護を最優先に行い、他の機関との連携協力を密にし、被害の拡大防止、適切な情報開示、早期復旧に全力を挙げます。

輸送の安全に関する重点施策

(1) 輸送の安全が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規定に定められた事項を遵守いたします。
(2) 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。
(3) 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じます。
(4) 情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達・共有いたします。
(5) 教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、的確に実施します。

事故災害連絡網.pdf

輸送の安全に関する組織図.pdf